結婚式場を探す前に!イメージしておきたい条件

まずは人数をだいたいでいいから考える

結婚式となると、いろいろと忙しいけれど楽しいもの。ただ、とてもフォーマルなお祝いの席ですから、こちらも配慮しなくてはなりません。
その一つがお式に参加する人数です。最近は二人っきりで挙式を上げるだけのシンプルなスタイルもあるのですが、その一方で結婚式の時には家族や友人を大勢呼んで華やかにワイワイ過ごす、というスタイルもあります。
この時、式場によっては人数の問題もあります。数人だけの家族式で広い式場は持て余してしまいますし、たくさんの人が参列するのならある程度の広さがある式場・宴会場を選ぶ必要が出てくるでしょう。
このため、だいたいどういう式にして人数はこのくらい、というのは決めておきたいものですね。ただし、式場が指定する人数よりもちょこっとだけ少ない人数となりそうな程度なら、式場側も配慮してもらえるかもしれません。

どんなお式にしたい?イメージをすり合わせる

また、イメージも大事です。
結婚式の場合、チャペルウエディングにするか神前式にするか、ということがまず問題になります。
一般的な結婚式の場合、挙式と披露宴があり、二部構成となっているため、ホテル内のチャペルとそのホテルの宴会場、というような形式が多いのです。
これが神前式なら神前式に対応しているホテルや神社の挙式の後に敷地内にある宴会場で披露宴、ということになるかもしれませんし、神社で挙式をした後に近くのホテルで披露宴、ということも可能です。本格的なキリスト教会式にするのなら、キリスト教会から披露宴の会場をどうするかということも考えましょう。
披露宴だけの人前式ということもできますし、ガーデンウェディングが憧れ、有名なテーマーパークのキャラクターに祝われたい、挙式だけでちゃちゃっと終わらせたい、というイメージがしっかりしていると、その後のいろいろな物を選ぶときにも簡単になります。
ちなみにこれはお互いの意見だけではなく、お互いの親の意見も考慮しましょう。家庭の格式や慣習なども考慮する必要があります。